{ Archive }

アーカイブ

体力の良き指導者AI「MoSE™️」を開発

date=“
category=“r&d
text=“伊藤大永

MoSE™️ とは?

MoSE™️は、エビデンスに基づくトレーニングプログラムをユーザーの目的と運動能力の診断結果から自動的に作成するシステムです。

本来、科学的なトレーニングメニューを行うには、スポーツ科学に精通した専門家に時間をかけてトレーニングを設計してもらう必要があり、その恩恵を受けることができるのは一部のトップアスリートに限られていました。MoSE systemは運動能力の測定値から、ユーザーの体力の特徴を瞬時に分析し、専門家が設計した内容と同等レベルのトレーニングプログラムを作成することができます。

また、本システムの開発にあたってスポーツの現場にも精通したトレーニング科学の監修も受けているため、エビデンスだけでなく現場的な視点も取り入れています。トップクラスのアスリート以外の方でもスポーツや健康のために科学的なトレーニングを実施することが可能になります。

「科学的なトレーニングを誰しもができるようになる」ことで、より多くの方にスポーツを楽しんで頂くことや、体力の向上を通じた健康増進に貢献し、弊社の「スポーツ科学を当たり前の世の中にするというミッション」を実現していきたいと思っています。

 

 

開発の経緯

弊社は運動能力の診断サービスを提供するアローズラボを運営してきました。
多くのアスリートにご来館頂く中で、「コーチから筋トレをするように言われたけど、やり方が分からない…」といった声を耳にするようになりました。スポーツ科学を学ぶ機会やスポーツ科学を学んだトレーニングの専門家とめぐり合うことはなかなかないので、そういった声が聞かれるのは当然かもしれません。このような、スポーツや健康に向けてトレーニング励む方が抱える方の課題を何とか解決したいとかねてから考えていました。

その一方でスポーツ科学の中のトレーニング科学という分野の研究は著しく進み、トレーニングによって能力を向上させるための種目や期間、頻度といった条件が示されるようになってきました。例えば、レジスタンストレーニング(いわゆる筋トレ)は、メタアナリシス・システマティックレビューという最もエビデンスレベルの高い論文で、筋肉を大きくしたり、筋力を強くするための条件が発表されています。

また、社内の経営戦略部の社員と雑談でダイエットの話をしていたときに「このメニューを行えば、高い確率で目標を達成できるっていう仕組みがあれば良いね」という話がたまたま出ました。これがきっかけで、これまでのエビデンスを弊社の運動能力の診断の仕組みと組み合わせることで、一人ひとりの強みや弱みを伸ばす科学的なトレーニングプログラムを作成するシステムができるのではないか?と考え、開発に着手しました。

MoSE™️ で出来ること

MoSE™️には、スポーツや健康において重要なスポーツビジョン、筋力、持久力、スプリント能力、ジャンプ力といった能力から運動能力を診断し、トレーニングプログラムをアウトプットします。

MoSE™️には様々な運動能力の診断の機能があり、例えばその中の一つにスポーツ才能診断があります。これまでの研究で運動能力には競技特性があり、そのスポーツ特有の優れている、あるいは活躍するために重要性の高い体力があることが分かってきています。スポーツ才能診断ではこれらの研究結果や私たちが集めてきたデータを基に、体力という視点からどのようなスポーツに向いているか、または今のスポーツを得意になるにはどのような能力を伸ばせば良いかを診断することができます。

その他にも競技ごとに国内や世界で活躍する一流アスリートと自身の能力を比較することができる競技アビリティ診断や体力という観点から健康リスクを見える化する健康リスク診断といった機能も有しています。
これらの診断とトレーニングプログラムの作成機能によって、才能を見つけて伸ばす、健康リスクを減らして健康寿命を延ばすことがMoSE™️システムでは可能になります。