ARROWZ スポーツラボ SPORTS SCIENCE FOR YOUR CLINIC

伝統医学と最新科学の
コラボレーションが
夢を叶えるチカラになる

学校法人近畿医療学園 近畿医療専門学校 理事長
小林英健 Hidetake Kobayashi
学校法人近畿医療学園近畿医療専門学校 理事長 小林英健

アローズ・スポーツラボと出会って、「これこそ探し求めていたものだ!」と直感しました。施術の効果を見える化するスポーツ科学のノウハウは、スポーツ界での活躍を夢見る学生を数多く擁する、私たち近畿医療専門学校にとって必要不可欠なものだったのです。
こうして2021年4月、日本初となるスポーツ科学の専攻学科「スポーツ科学コース」がスタートします。
アローズ・スポーツラボを導入した本コースでは、運動能力や筋力といった身体の変化をスポーツ科学的な視点で捉え、数値で比較・検証することで、適切なフィジカル管理や育成プログラムの立案を学ぶことができます。学生たちは最先端のスポーツ科学を間近で感じ、刺激的な環境のなかで充実した学びをえることができるでしょう。
テクノロジーとサイエンスに基づいた治療の知識は、スポーツトレーナーを目指す学生だけでなく、教育や医療などの分野での活躍を目指す学生にとっても、力強いサポートになると思っています。
柔道整復師や鍼灸師の活躍のチャンスを増やしたいという想いは、私たちも同じです。近畿医療専門学校が持つ唯一無二の“技術”と、アローズが研究してきた“科学”。これらを掛け合わせて、科学的知識を持った未来の治療家を育んでいくことが、私たち教育者の使命です。
これからもスポーツ科学とともに、柔道整復師業界、そしてスポーツ界に変革を起こしていきたいと思います。

学校法人近畿医療学園 近畿医療専門学校
学校法人近畿医療学園 近畿医療専門学校
学校法人近畿医療学園 近畿医療専門学校

スポーツ科学を味方につけて
プラスアルファの強みを
手に入れる

株式会社サンアローズ 代表取締役
ほりかわ鍼灸接骨院 代表
堀川岳晴 Takeharu Horikawa
ほりかわ鍼灸接骨院 代表 堀川岳晴

私は、3つの接骨院を経営しています。日々治療を行うなかで、接骨院とスポーツの密接な関係性をひしひしと感じてきました。私たち柔道整復師は、スポーツに対してもっと深い理解が必要なのではないかと考えていた際に出会ったのが、スポーツ科学でした。私自身、山下代表のスポーツ科学にかける熱い想いに強く感銘を受け、アローズジムの運営をはじめました。子どもたちがスポーツ科学の力で成長し、夢に向かって突き進んでいく姿を間近で見ることができ、大きなやりがいを感じています。
しかし、その一方で「現状の接骨院での治療だけでは何かが足りない」という焦りが、頭のどこかでくすぶり続けていました。そんな時に、アローズ・スポーツラボの存在を知ったのです。今後、アローズ・スポーツラボを導入していくことで、接骨院の患者様やスポーツ選手にスポーツドックでの検査が可能になり、治療だけではない、新たなステージの取り組みができるようになると考えています。体力を数値化し、データに基づいた考え方で治療やトレーニングを進めるというスタイルを確立していくことで、私たち自身が新しい接骨院のモデルケースとなって、患者様や子どもたちにスポーツ科学を広めていきたいと思います。

学校法人近畿医療学園 近畿医療専門学校
学校法人近畿医療学園 近畿医療専門学校
学校法人近畿医療学園 近畿医療専門学校

CONTACT

お問い合わせ先
株式会社日本スポーツ科学 Japan Sports Science Inc.
お電話でのお問合わせ
053-411-1007
受付時間 : 月〜土曜日 10:00 - 17:00
インターネットからお問い合わせ
お問い合わせフォーム