ARROWZ スポーツラボ SPORTS SCIENCE FOR YOUR CLINIC

スポーツドックとは、運動能力を数値として見える化する、スポーツ版人間ドックです。
競技力や生活の質の向上において重要である「視力・筋力・持久力・瞬発力・跳躍力」の5つの運動能力を測定します。
スポーツドックにはそれぞれの年代や競技レベルに応じた運動能力の組み合わせから、ジュニアコース、アスリートコース、ランナーコース、シニアコース、スポーツビジョンコースの5つのコースが用意されています。
スポーツドックは、スポーツを行う上で重要な運動能力を見える化することで、新たな発見をする機会や、競技力・生活の質を向上させるためのエビデンスに基づいたアドバイスを提供します。

5つの測定内容と結果からわかること

1 視力/スポーツビジョン 様々な「視る」能力の測定

スポーツビジョンはスポーツに必要な「視る」能力です。
日常生活では脳に入る情報の8割を視覚が占めていると言われていますが、スポーツでは9割を占めます。どれだけ身体能力が高くても、視る能力が低ければ状況に応じた動きが難しくなります。

一言に視ると言っても、一般的な視力検査で行っている静止視力以外にも実は多くの視る能力があります。
スポーツラボの測定では、素早く動くものを見極めるDVA・KVA動体視力をはじめ、眼球運動・周辺視・視覚視・眼と手の協応動作の測定を行います。測定の結果から視る能力を向上させ、より正確な状況判断をするためにどんな能力を鍛えればよいかがわかります。

+ 視力/スポーツビジョン
スポーツビジョン測定
視力/スポーツビジョン

2 筋力/全身パワー・下肢パワー 筋肉が発揮できるパワーの測定

全身パワー

全身パワー

全身パワーの測定では下肢パワーだけでなく肩などの上肢も含めた全身のパワーを測定することができます。上肢のパワーはボールの投球速度や競泳のパフォーマンスにおいて重要です。
さらに下肢においても股関節や膝関節、足関節のパワーを個別に測定することができ、左右差の有無を調べられます。パワーを測定できるのはもちろんですが、膝関節では大腿前面と後面のバランスを算出することで肉離れのリスクを評価することができます。
さらにケガの治療やリハビリテーションにおけるパワーの回復状況も評価でき、復帰までのより万全な段階を示すことができます。パフォーマンスに対してだけでなくメディカル的な側面からのアドバイスもできます。

下肢パワー

下肢パワー

パワーは筋力と速度の積で表されるもので、大きな力を素早く発揮する能力です。下肢パワー測定では1つの関節だけでなく、下肢全体の動作で発揮したパワーを評価できます。多関節運動となるため、実際のパフォーマンスとの繋がりもより深いことが知られています。

パフォーマンスには筋力よりもパワーが重要となり、パフォーマンスを高めるためには力と速度の両方が高いことが重要です。
下肢のパワーが高いとダッシュのスピードが速く、ジャンプも高く遠くに跳べることがわかっています。そのためスポーツで活躍するには筋力だけでなく、速度も向上させる必要があり、測定結果からどちらを鍛えればよりパワーが向上するかがわかります。

+ 筋力/全身パワー・下肢パワー
筋力測定

3 持久力/有酸素性能力 長い時間走り続ける能力の測定

有酸素性能力は、長時間身体を動かし続けるための能力のことで、最大酸素摂取量という項目で評価します。最大酸素摂取量は体内で利用できる酸素の最大量を表し、長距離走パフォーマンスの代表的な指標として利用されます。
またスポーツラボでは最大酸素摂取量だけでなく、ランニングエコノミーという指標も測定しています。ランニングエコノミーは車で例えると燃費の良さのことで、走っている時にいかに少ないエネルギーで走れているかを知ることができます。
測定結果から、長距離走パフォーマンス改善のために体内で酸素を利用できる最大量を増やすべきか、燃費を改善すべきかがわかります。

+ 持久力/有酸素性能力
持久力測定
持久力/有酸素性能力

4 瞬発力/間欠的スプリント ダッシュを繰り返す能力の測定

間欠的スプリント能力とは休息を挟みながら速い速度でダッシュを繰り返す能力であり、ダッシュの最高速度と速度の維持率からスコアを算出することで評価します。
サッカーやバスケットボールなど試合の中で何度もダッシュを繰り返す競技において特に重要な能力で、球技スポーツにおけるトップアスリートは間欠的スプリント能力が高いことも知られています。
測定結果から最高速度や速度の維持率がどの程度優れていたかを評価することによって、ダッシュのスピードを上昇させるべきか、最後まで速度を維持するようなトレーニングを行うべきかがわかります。さらにその結果から個人に合ったプレイスタイルやポジションのアドバイスもできます。

+ 瞬発力/間欠的スプリント
瞬発力測定
瞬発力/間欠的スプリント

5 跳躍力/ジャンプ能力 腕振りやバネの能力の測定

跳躍能力は、陸上の跳躍種目を始め、バレーボールのブロックやバスケットボールのシュートなどスポーツの様々な場面で求められる能力です。跳躍能力測定では、垂直跳びや連続ジャンプ、スクワットジャンプなど様々なジャンプの測定を行います。
測定結果から、脚のバネがどの程度あるか、手や脚の反動をうまく使うことができているのかがわかることで、より高く、あるいは遠くに跳ぶためにはどのようなトレーニングを行うべきかアドバイスすることができます。
さらにジュニアコースの測定では連続ジャンプ・立ち幅跳び・ステッピング から50m走予測タイムを算出することが可能です。

+ 跳躍力/ジャンプ能力
跳躍力測定
跳躍力/ジャンプ能力

長期継続利用と
高い再来院率

「人間ドック」は、全身を検査することで、病気の早期発見や病気の前兆となる異常を見つけ、予防に繋げることができます。一方「スポーツドック」は、上記5つの運動能力を測定することで、個々に合ったスポーツの発見や、苦手な能力を見つけ、改善に繋げることができます。つまりスポーツドックは、適切な運動処方を提供し、競技力や生活の質の向上を目指すスポーツ版人間ドックです。

「スポーツドック」で測定されたデータは蓄積されていくため、一度利用された患者様やアスリートは定期的に測定を受けに来られます。そのため長年にわたり継続的に利用される方が多く、再来院率が非常に高いビジネスモデルです。

CONTACT

お問い合わせ先
株式会社日本スポーツ科学 Japan Sports Science Inc.
お電話でのお問合わせ
053-411-1007
受付時間 : 月〜土曜日 10:00 - 17:00
インターネットからお問い合わせ
お問い合わせフォーム